FC2ブログ

遮熱塗料の効果その4 結局効果があるのは…

2012.08.30.Thu.19:31
その3から続いています。

電話して聞いてみましたら、
やはり、色が薄いほうが、触った感じは熱くはならないと。

「じゃあ、塗料の缶には反対のことが書いてありますよね?」ときいたところ、
濃い色と薄い色を比べるのではなく、
遮熱じゃない塗料と遮熱塗料の温度差を比べた時に、
その温度差が大きいのは、色が濃い茶色のほうです、ということだったらしい。
そいう意味の「効果が大きいのは…」だったのね。

しかし、あくまで表面温度ではなく、内面、つまり塗った屋根の下に効果があるから、
ちゃんと下塗りからしておけば、内面の温度は確実に下がっていると。

だから、表面温度なら、とうぜん色が薄いほうが熱くならないし、
濃いほうが熱い、との説明でした。

しかし、あの説明だったら当然素人は茶色を買うよ。

いっぱい塗ってきた業者さんなら意味が分かるかも知れない。

いっそのことあの一文は書いてほしくなかったですわ。

「分かりにくかったです」と言ってやりました。

内面の温度は知ることができません。
でも表面温度は低いほうがいいので、
もっかい下塗り剤を塗ろうと思います。

そう言いましたら、
「しかし、防水や劣化を考えると、やはり下塗り剤は下塗り剤です。だから、上塗りをしたほうがいいです。」
とのこと。

なるほど。

納得です。

しかし、分かりにくかった。

もう、だまされて茶色買っちゃった自分がやだー!

ていうか、向こうはだますつもりはなかったと思うけど、
日本語が難しかったんですね。
分かりにくかったんです。

ふー。

どなたかこの妄想住宅を見積もってくださいませんか?
二千万円? 五千万円?

こんな↓家にしたいです!(一覧表示)
http://gekineko.blog71.fc2.com/archives.html

こちらから↓他の「マイホームブログ」が見れます。たくさんありますよ!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する