FC2ブログ

敷地の上空を、よその電線が通ってる件

2015.04.17.Fri.13:38

こうして見ると、電線がすごいな!!
(古家を解体する前の写真)



ウチの敷地の上空を、よそのお宅のための電線が通っている。

なぜかというと、

もともと一つの広い敷地だったところを、親戚で三つに分けられた土地。

なので、親戚の家の電線が親戚の家の上空を通っていたという、

まぁ、親戚だったら何でもない話。

この電線はこのたび、工務店さんから九電さんに、

移動してもらうよう依頼。


上に電線があると、地盤改良工事のための重機が入れないそうです。

昨日書きました通り、なかなか大きな重機がはいるみたいで。

(ご近所さんにはご迷惑おかけしますm(__)m)

 ↓いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



75万円!地盤改良工事は「ジャリジャリつめつめ工法」でお願いします。

2015.04.16.Thu.12:07

ウチの地盤改良工事は「ジャリジャリつめつめ工法」でお願いしました。

「砕石パイル工法」と言われても、素人には、は? なので、

見たとおり↓「ジャリジャリつめつめ工法」と、私が命名します。
これを、家の下に26ヶ所です。 にに、26ヶ所!!!

(ウチがお世話になるのは熊本の宇佐美工業さんです。動画だけ英重機工業さんにお借りします)

税込みで75万円ほどになりますが、

取り寄せて下さった他の二つの工法の見積りよりも、

安いうえに、地球にやさしい、土地を売ることになっても掘り出して撤去する必要もない、

保証も30年ついてる。(他の二つは20年)

いいことづくめに見える。


ここでちゃんと

「デメリットは?」 と質問するのが良い施主。


ところが、イケメンの工事担当さんに

「お任せ下さい」とか

「ご安心ください」と言われたら、

それ以上聞くことを忘れるよね~


営業さんもそうだけど、

なんでもきちんと調べて、

丁寧に教えてくれる。

しかも、はやい。

ほんと安心です。

ありがとうございます


 ↓いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

83万円!!!地盤改良費用いくら住宅

2015.04.10.Fri.19:08

オーマイガー

土地にはいちいち泣かされるなぁ。。。。

家の方は何も問題ないのに。


地盤改良に税込で83万ぐらい。

80万も、もう出てこないよ~

見積待ちの違う工法も見つもり依頼してあるそうですが、

それはまた高いそうで、

間違いなく90万オーバーでしょ。

あー、ツイてない。

キャプチャ1階
キャプチャ2階



しょうがない!

こうなったら神頼みだな。


宝くじ!

当たりますように!!

 ↓いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

地盤調査屋さんがいっぱいいっぱい

2015.04.05.Sun.14:51

地盤調査屋さんが、ちょっと遠くから来てらっしゃったので、

ちょっとインタビュー。

「地盤調査屋さんって、熊本市にはいらっしゃらないんですか?」

「はい。三つぐらいしかないですね~」

「あら~! そうなんですか! それで遠くから。 じゃ、フル回転でしょ?」

「そうですね、今でこそ落着きましたが、消費税前は大変でした。 と言っても、

  1日に2件、近場でも3件しかできません。それ以上になると、仕事が雑になっちゃうので。

   大事なところですし、見えないところですから、ちゃんとやらないと。」


なんて心強いお言葉。

すごいなー。

職人だなぁ。

調査は八代(やつしろ)の「地盤研究所」さんでした。

 ↓いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

地盤調査が速く済むということは、地盤が硬いということだって。地盤調査ってそうやってやるんだー!!

2015.04.03.Fri.09:00

へ~、地盤調査って、そんふうにしてやるんだぁ!

と勉強になりました。

スウェーデン式サウンディング調査
Method for Swedish weight sounding test

え? サウンド

あー、音を聞きながら掘って行くのね。

KC4D0472.jpg

そんな訳ないよね~(笑)。


どうやら 「海の深さを測ること」 をサウンディングって言うらしいよ。

直径2センチの鉄棒をねじねじと回転させながら刺していって、
(刺さって行くスピードや回転数も調査要素なんだって)

叩いても石が砕けるでなく、

どうにもすすまなく止まってしまったところが、

硬い層。

つまり、海底。

それでサウンディングなんだ。なるほど。

そこを「海底」と呼ぶなんて、ちょとオシャレだな。


だから、いつまでも硬い層がなければ、最大10メートルまで刺すんだって。

柔らかかったら、調査する箇所全部(普通は5カ所)10メートル刺すことになるから、

もちろん時間かかりますよね。


で、浅い所に硬い層があればそこまでしか刺さなくていいから、

すぐ終わってしまうらしい。

うちは、最速級で速いらしいけど……どうなんでしょうか?

鉄の棒1本が2メートル。もう、半分ぐらい地面に刺さっちゃってます。
KC4D0475.jpg

 ↓いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村